ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ – アジアン ライフ

ロンボク島(インドネシア)

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

投稿日:2017/06/23

ロンボク島6&1歳の子連れ旅行3日目の朝を静かに迎えました。

スポンサーリンク

セコトン村の朝

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

静かなビーチにいるのも犬たちだけ。

 
≫シルバー ファーン ビーチ リトリート 詳細

ロンボク南東部へ3時間の移動

インドネシアのロンボク島へ!【子連れ旅行スケジュール】

この日はロンボク南西部から南東部へ大移動(緑のライン)です。空港近くまで約1時間をタクシーで移動し、そこから次の宿のジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプの送迎車に乗り換え、約2時間かかります。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプに近づくにつれ、空気が変わり、乾燥地帯のような雰囲気になっていきます。道を進めば白い砂埃がたちます。以前に行ったオーストラリアのカカドゥ国立公園を思い出しました。

道はあるけれど、舗装がちゃんとはされていないのでデコボコ道を進んでいきます。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

ホテルの看板とセキュリティゲートを抜け、また同じようなデコボコ道をしばらく進むと到着。

ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプに到着

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

空気が乾燥しているからか、日差しが強くとっても暑く感じます。車を降りて砂道を進むと手前にレセプションの高床式の建物があります。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

木陰に入ればエアコンがなくても涼しい。このジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプの案内を色々と受けます。

ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプのある所までは電気が通っていません。自家発電になるので、電気の使用は最小限に、使える時間帯も決まっています。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

朝の7:30~10:30、昼は13~15:00、夜は18~翌朝の5:30まで電気使用可能なので、不便はありませんでした。

黒板に書いてあるすべてのアクティビティ&3食(ドリンクは別)全てがオールインクルーシブです。

部屋の様子

お部屋も高床式です。格好いい。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

階段を上ってすぐのスペースには広々としたソファーベッドやビーズクッションががあり、寛ぎスペースになっています。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

かなり重めの扉をスライドして中へ。網戸がちゃんとついているのでエアコンが使えない時も風が通ります。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

大きなベッドにエキストラベッドをいれてもらいました。木目の部屋の中は少し薄暗い感じですが、それがまた良い雰囲気を醸しだしています。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

ベッドに寝転ぶと海が見えます。(海で遊んだ後の水着が干してある画像ですみません)

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

インフラのない不便な所なのに、水回りもしっかりしていて問題ありません。

レストランからの絶景

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

レセプションの建物から海に向かうと、レストランがあります。この階段を上っていくと…

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

絶景!海が青くて綺麗すぎる!

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

レストランには室内もありますが、陽が当たりすぎないうちや夜は外のテラス席が気持ちが良いです。ソファベッドがあるので1歳の長女も楽ちん。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

3食ともメニューは前菜・メイン・デザートの3品。メインとデザートは2つの内から好きな方を選べます。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

長男がまさかの『写真データ全削除ボタンを押してしまった!』事件があったので、残っていた料理の写真はこれだけ。いつかの前菜です。料理に関してはシンプルで味は普通でした。でも、こんな僻地で用意していることを考えたら充分に感じてしまいます。

部屋から30秒!綺麗なビーチで遊ぶ

腹ごしらえをしたら、早速ビーチへ行きます。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

部屋の階段を下り、通路を通って…

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

足が埋もれそうになるくらい、サラッサラの砂道を通れば30秒でビーチです。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

これぞ南の島の海!という程、綺麗な青い海です。広いビーチには誰もいないので、注意が必要。波も時間によっては結構強いです。

波が強かったので子どもたちは砂遊びに専念。暑いし日焼けも気になるけれど、綺麗な海を目の前にすると忘れて夢中で遊んでしまいます。

トレッキングで向こう岸の岩場へ

ホテルのスタッフと一緒にトレッキング(無料)もしました。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

上の写真の左・ホテル側から湾の周りをグルリと回って右側に行きます。主人の目論見は釣りスポットの探索です。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

ビーサンで気軽な感じで、青い海を眺めながら行きます。砂利で滑りそうだったり、ちょっとした獣道も通っていくので、ビーサン慣れしていない場合は濡れてもいい靴で行く方がいいかもしれません。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

見えていた岩場に着きました。波しぶきが激しく当たっています。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

隆起した岩。ここだけ、なぜこんなに高くそびえているんでしょう。地球は不思議がいっぱいです。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

フレンドリーなスタッフと一緒にまどろむ長男。トレッキング中もお兄さんにぴったりくっついて、先にどんどん進んでいっていました。

往復約1時間。主人はあの岩場で夜釣りを考えていたようですが、長男と一緒に明かりのない真っ暗な中行くのは危ないと断念。夕方にビーチの岩場で長男と釣りを楽しんでいました。

ビーチキャンプの夜

夜ご飯の時間です。昼間のレストランとは雰囲気がかわります。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

キャンプの気分を味わえます。かなり贅沢ですが。

部屋に戻るとこちらも雰囲気が変わります。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

葉っぱに書いたメッセージがそっと置いてありました。

ロンボク隠れ家リゾート!ジーヴァ・ベローム・ビーチキャンプへ

 
≫ジーヴァ ベローム ビーチ キャンプ リゾート (Jeeva Beloam Beach Camp Resort) 詳細
こだわって運営されている魅力的なリゾートです。

※去年、2016年の10月に4泊5日でバリ島から隣のロンボク島へ6歳&1歳の子連れ旅行に行った時の記事です。

-ロンボク島(インドネシア)
-, , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ロンボク子連れ旅行・2日目はセコトンへ

ロンボク子連れ旅行・2日目はセコトンへ

ロンボク島6&1歳の子連れ旅行2日目。 スポンサーリンク この記事の内容1 広いゴルフ場の朝は気持ちが良い!2 車で2時間、ロンボク島南西のセコトン村へ3 デラックス ツインルーム ビーチビュー4 ア …

ロンボク島子連れ旅行・1日目

ロンボク子連れ旅行・1日目

ロンボク島6&1歳の子連れ旅行1日目。 スポンサーリンク この記事の内容1 バリ島から国内線でロンボク島へ2 GEC Rinjani Golf and Resortにチェックイン3 ヴィラガーデンビュ …

ロンボク島のピンクビーチ・子連れ旅行

ロンボク島のピンクビーチとフローティングレストラン

ロンボク島子連れ旅行(6&1歳)最終日。 スポンサーリンク この記事の内容1 部屋から眺める朝陽2 朝のレストランの様子3 人気スポット、ピンクビーチへ4 フローティングレストランでランチ 部屋から眺 …

ロンボク島アイランドホッピングとピンクビーチ

ローカルフィッシュマーケットとピンクビーチ【ロンボク子連れ旅行】

ロンボク島子連れ旅行(6&1歳)4日目。 スポンサーリンク この記事の内容1 アイランドホッピングへ2 ローカルフィッシュマーケット3 ピンクビーチに到着4 レストランからの眺めが最高5 スパ アイラ …

インドネシアのロンボク島へ!【子連れ旅行スケジュール】

インドネシアのロンボク島へ!【子連れ旅行スケジュール】

去年、2016年の10月に4泊5日でバリ島から隣のロンボク島へ6歳&1歳の子連れ旅行に行った時の記事です。 この時は1週間ほどの長男(6歳)のタームブレーク中の短い日程だったので、旅行の条件は次の3つ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Mari

2007年の結婚を機に、東南アジア生活、アジアンライフがスタート!
海外生活の事や大好きな旅行、趣味のWEBいじりの事など気ままに更新しています。

≫プロフィール続き

FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス)