ジェフリーバワ・晩年のお気に入り ライトハウスでランチ – アジアン ライフ

スリランカ

ジェフリーバワ・晩年のお気に入り ライトハウスでランチ

投稿日:2018/01/02

スリランカ子連れ旅行6日目。ゴールの旧市街散策後、スリランカを代表する建築家、ジェフリーバワの手がけたホテルでランチをとりました。

 

スポンサーリンク

スリランカの偉大な建築家、ジェフリーバワ

ジェフリーバワ(Geoffrey Bawa)は、スリランカ出身で、「世界のアマン」と名高いアマンリゾーツの代表、エイドリアン・ゼッカ氏が最も影響を受けたいう、伝説的な建築家です。

元々は弁護士だったジェフリーバワ。世界放浪の旅に出かけ、その旅の途中で建築に目覚めます。それから建築を学び始め、なんと38歳の時に建築家としてスタートしました。それからは84歳で亡くなるまでスリランカの国会議事堂や寺院、ホテルなどの建築を手がけ、たくさんの作品を残しています。

スリランカにも数多くジェフリーバワの手がけた作品が残っていて、ジェフリーバワのホテルを泊まって巡るツアーもあります。

【参考】
≫ジェフリーバワゆかりのホテルに滞在ツアー
≫スリランカ バワ ツアー

ジェットウィング ライトハウスでランチ

ゴールの旧市街から車で10分ほど移動したジェットウィング ライトハウス。ここはジェフリーバワが晩年に最も愛したホテルと言われています。こちらでランチを頂きました。

車を降りるといきなりインパクトのあるお出迎え。

螺旋階段の彫刻はポルトガル人が山の上のキャンディ王朝を攻め込んでいる様子を表しているそうです。

この螺旋階段を抜けると突然視界が広くなり、目の前にはインド洋が広がります。

ここから見る夕陽が晩年のバワのお気に入りだったそうです。

芝生の曲線が優雅です。

暑かったので室内で頂きましたが、外の席でインド洋を眺めながらも気持ちよかったかもしれません。ウェイターさんの制服も素敵です。ちょっかいをだす長女(1歳)にも優しく対応してくれました。
≫ジェットウィング ライトハウスの詳細

 

ランチの後は約3時間かけてニゴンボまで移動しました。

-スリランカ
-, , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

世界一大きな動物、シロナガスクジラ@スリランカ

世界一大きな動物シロナガスクジラ@スリランカ

はるばるミリッサまで来たのは、世界一大きな動物、シロナガスクジラ(Blue Whale)に会うためです。 Free Photoより スポンサーリンク この記事の内容シロナガスクジラとは早朝の出発釣りを …

インド洋の真珠、スリランカの魅力5つ!

インド洋の真珠、スリランカの魅力5つ!

2017年4月1日~9日までの8泊9日で6歳&1歳の子どもと一緒にインド洋の真珠とも言われるスリランカへ旅行に行きました。 スポンサーリンク この記事の内容スリランカの魅力5つ世界遺産が国内に8つもあ …

コロンボのダッチ・ホスピタル隣のコロニアルホテル

コロンボのダッチ・ホスピタル隣のコロニアルホテル

スリランカ旅行1・2日目に泊まったホテルはコロンボにあるザ スチュアート バイ シトラス(The Steuart by Citrus)でした。 スリランカ到着が真夜中だったので、初日の宿の1泊は事前に …

スリランカ 旅の風景

スリランカ 旅の風景

楽しかった子連れスリランカの旅もとうとう最終日です。 北西部のウィルパットゥ国立公園からニゴンボで買い物をし、真夜中にバンダラナイケ国際空港を出発です。 スポンサーリンク この記事の内容スリランカの車 …

野生のスリランカヒョウを求めてウィルパットゥ国立公園へ

野生のスリランカヒョウを求めてウィルパットゥ国立公園へ

スリランカ子連れ旅行6日目はニゴンボから北へ約3時間、約150Kmを移動。 旅行の4つの目的の内のひとつ、野生の豹を探しに行くため、レオパード(スリランカヒョウ)がよく見られるというスリランカ北部のウ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Mari

2007年の結婚を機に、東南アジア生活、アジアンライフがスタート!
海外生活の事や大好きな旅行、趣味のWEBいじりの事など気ままに更新しています。

≫プロフィール続き

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア