身近な自然で遊べるランカウイ!みんなで川遊びへ – アジアン ライフ

ランカウイ島(マレーシア) 子どもの教育

身近な自然で遊べるランカウイ!みんなで川遊びへ

投稿日:2014/10/19

ランカウイ島の学校は日~木曜日までで金・土曜日はお休みです。

マレーシアは州によって休日が決められるようで、ランカウイ島のあるケダ州は金・土休み。

首都のクアラルンプールなどは土日休みの様です。

何年後かには統一されていくのかな…なんて思っています。

なので、昨日の金曜日は長男の通う幼稚園もお休み。

スポンサーリンク

川遊びへ!

お友達と一緒にルブック・スミラン(Lubuk Semilang)に行ってきました。

みんなWaterfallって言うけど、川遊びですね。

ランカウイ島の観光名所、フルーツファームの隣にあります。

観光ではあんまり来ませんが、地元の人たちには身近な場所。

この日も金曜のお休みなので家族連れでたくさん遊びに来ていて、
幾つか東屋があるんですがどこも一杯でした。

パパ達は慣れた様子でそこら辺に転がっている石を集めて即席BBQ。

あっちでモクモク、こっちでもモクモクといい匂いがしていました。

私たちはママさんと子供たちだけなので、BBQではなくみんなで持ち寄りピクニックです。

 

1比較的どこも浅瀬なので4歳以上チームは安心。

2花びらをネットですくったり・・・

3 浮き輪で流れに乗ったり。

一番みんなが夢中になっていたのは、ネットを使って小魚捕り。

飽きずにみんな20匹くらいは捕獲していました。

参加メンバーは多国籍!

今回のメンバーは

マレー系マレーシア+フィリピン
チャイニーズ系マレーシア+タイ
インド系マレーシア+タイ
イギリス+フィリピン
100%日本

の多国籍軍。

年齢も2歳から18歳まで。

 

「多様性」が魅力と言われているマレーシア。

ここ田舎のランカウイも本当に多様です。

彼・彼女たちの共通語は英語。

あっちではタイ語で話しながら、こっちではマンダリン。

そっちではタガロク語で話しながら、私には英語。

いゃぁ~~、みんな凄いなぁ。と言うのが私の正直な感想です。

 

長男の通う幼稚園でも、入園と同時にドッサリとテキストを渡され、相当驚きました。

英語・マレーシア語・マンダリン語と勉強するからなんですね。

小さい頃から、話し相手によって言葉を使い分けるのが「当たり前」の彼女たち。

私もそんな環境で育っていたら、今頃は…と羨ましく思いながら、旅行会話程度しか出来ない英語で日々四苦八苦、ママ達と子供たちと英語でコミュニケーションをとっています。

身近な自然で遊べるランカウイ

話しはそれてしまいましたが、今回もやっぱりランカウイ、いいなぁ~~と思ったのは、こんな風に自然で遊べる環境が身近にあるって事です。

もちろん、この川も水門を作ったり、道を整備したり、人間の手は入っていますが、川には自然で産まれ育った魚たちが住み、その水は雨が降る事により、山から降りてくるわけです。

 

小さい内は1日に90分以上、体を思いっきり動かすことは発育にももちろん、学力の向上にも役立つと聞いたことがあります。

普段の幼稚園は勉強が中心で体を動かすことが少ないようなので、お休みの日は思いっきり遊ばせてあげたいもんですね。

 

≫マレーシアのランカウイ島ってこんな所です

≫ランカウイ島ホテル一覧

-ランカウイ島(マレーシア), 子どもの教育
-,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

動物園って必要?

動物園って必要?

7&2歳の我が家の子どもたちも大好きな動物園や水族館。子どもたちの希望で何度も訪れたことはありますが、動物園って必要なんだろうか?と思うことが時々あります。 スポンサーリンク この記事の内容1 ライオ …

海外在住の7歳・日本の小学校1年生に体験入学

海外在住の7歳・日本の小学校1年生に体験入学

海外在住の我が家。7歳の長男は海外のインターナショナルスクールに通っています。6月中旬から8月初旬まで約1カ月半は年度替わりの長いお休み(スクールホリディ)です。 インターナショナルスクールではもう既 …

ランカウイ島 パンタイテンガー

ランカウイ島の海・山・川へのちょこっとお散歩

先週は夕方に家族で散歩によく行きました。 長男の幼稚園がある日の火水木は3人で。 お休みの金土は主人が仕事だったので母子2人で。 ランカウイ島の海・山・川5連チャン!! スポンサーリンク この記事の内 …

新しい生活のスタート【2016年】

新しい生活のスタート【2016年】

  2016年になりました…ってもう2月ですね。 早いです、本当に早いです…(汗 12月はランカウイ→バリ→日本、そして1月にまたバリ島に戻り新生活のスタート…と相変わらずバタバタで、ようや …

オーガニック&マクロビオティックのムソー(Muso)

ハラール認証のおすすめギフト

主人がお客様から素敵なお土産をもらってきました。 パッケージが既にかわいいですね。 箱の裏側をふと見て、目に飛び込んできたのが… スポンサーリンク ハラール認証のマーク あれ?マレーシアで買ったのかな …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Mari

2007年の結婚を機に、東南アジア生活、アジアンライフがスタート!
海外生活の事や大好きな旅行、趣味のWEBいじりの事など気ままに更新しています。

≫プロフィール続き

FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス)