全部屋オーシャンビュー!マリオ ホテル&カフェ (Mario Hotel & Cafe)【スンバ島】 – アジアン ライフ

スンバ島(インドネシア)

全部屋オーシャンビュー!マリオ ホテル&カフェ (Mario Hotel & Cafe)【スンバ島】

投稿日:

バリ島から飛行機で約50分の秘境、スンバ島。
参考(前回)記事:「バリから50分の秘境!スンバ島【子連れ旅行】

タンボラカ空港から約30分。スンバ島の北西にあるマリオ ホテル&カフェ (Mario Hotel & Cafe)へ向かいます。

スポンサーリンク

Warung Gula Garamでランチ

お昼過ぎの到着になったので、まずは腹ごしらえ。空港近くのWarung Gula Garamへ。

Warung(ワルン)=レストラン
Gula(グラ)=砂糖
Garam(ガラム)=塩

という意味。

このレストランを過ぎるとホテルまでの道中にレストランは無いそうです。

とんがり帽子のマラプの屋根造り。

このレストランはWifiがあります。今回の旅では子供たちはインターネット禁止。このレストランを最後に、テレビもゲームもしなかった子どもたち。(というか、ホテルにWifiが入っていなかった…)

味はまぁまぁ。頼みすぎてお腹が満腹になったら、今回の宿泊先へ出発です。

≫Warung Gula Garam 詳細

スンバ島の車窓風景

旅の移動中、外の風景を眺めるのが好きです。スンバ島の風景はバリと違ってまた独特。

道すがら草葺き屋根のお家を何軒も見ます。洗濯物が干してあったり、住んでいる方が軒先に寝転がって談笑している姿が見られます。スンバの人たちの「日常」が垣間見れる瞬間。この瞬間が好きだから、いろんな所へ旅をしたい。

昔ながらの草葺き屋根のお家もあれば、そのすぐ隣にはトタン屋根のお家があったり。

かと思えば、トタンでマラプのトンガリ屋根を再現したお家があったりして面白い。昔ながらの伝統的な生活から現代の便利な暮らしへと、今まさに移行し始めているのかもしれない。あと10年もしたら風景はガラリと変わってしまっているんでしょうね。

そんな村の風景に見入っている内に、次第にガタガタ道に変わっていきます。

舗装が石灰でされているのか、真っ白な砂埃を巻き上げながらボコボコ道を進んでいきます。

真っ青な海が見えてきた!

今回はこのビーチ沿いに建っているマリオ ホテル&カフェ (Mario Hotel & Cafe)に2泊します。

マリオ ホテル&カフェ (Mario Hotel & Cafe)

こじんまりとシンプルなロビー。

でも、目の前の海が!青すぎる!!

手作り感満載の階段を上ってロビーの2階部分へ。

このホテルのオーナーさんはバリにもヴィラを持っているインドネシアチャイニーズの方。

ホテルを建てる前、ここにはあったのは青い海とカラカラに乾いた大地だけだったそうです。そこに大量の木や花などの植物を運び込み、ホテルまでの道を造り、電気や水を引いて造り上げたのだそう。そんな話を聞いた後で見るこの景色…!

オーナーさんの情熱を感じます。

少し濁っていましたが、プールもあります。Wifiも完備、とホテルの説明にはありますが、宿泊当時は使えませんでした。でも建設までのいきさつを聞いた後だと、そんな小さなことは気になりませんでした。

ビーチビュー ルーム (Beach View Room)

ロビーの隣の2階建ての建物がゲストルーム。全12部屋で全てがオーシャンビュー!

私たちの部屋は2階。ちょっと不思議な階段を上がり、振り返った景色がまた印象的でした。青い蒼い海とキリストの十字架。

1番端っこのお部屋です。

大人2+子供2で同じ部屋が良かったので、エキストラベッド(写真右端)を入れてもらいました。エアコン・ホットシャワー付き。

1室Rp950,000+エキストラベッドRp350,000×2人分(実際はエキストラベッドは1台しか入っていないけど、子ども2人分が必要。)合計で約13,000円(1泊)。バリからすると割高感がありますが、何にもないこの土地にこれだけのものを作った労力も込みの料金ですね。

ベランダからも海が見えます。12部屋全てのゲストルームが海に向いているのでオーシャンビューですが、1階より2階の方が断然おすすめ!

バスルーム

頑張って仕切った感のあるシャワールーム。ホットシャワー付き。

バスルームと部屋の間の壁になぜか大きな窓がついていて、カーテンではなく簾が下がっているだけ。あっちからもこっちからも透けて見えて、なんだか落ち着きませんでした…。

清潔なタオルもあります。

贅沢な空間

部屋もホテルもシンプルだけど、ベッドからも見えるこの景色。エアコンは使わず、入り口のドアと窓を開ければ心地よい風が吹き抜けます。静かで贅沢な空間。

テレビも(あったけど)見られない、Wifiも私の電話(Telkomsel)も繋がらなかった。というか、繋がらなくてむしろ良かったと思えた空間です。(なぜか主人の携帯は繋がりました。)

≫マリオ ホテル&カフェ (Mario Hotel&Cafe)詳細

この日の旅程

お昼過ぎに空港に到着し、ランチを食べたりしていたらホテルに着いたのは15時位。この日はホテルのビーチでのんびりと過ごすことにしました。ビーチの様子はまた次回、ご紹介します。

≫スンバ島ホテル一覧

-スンバ島(インドネシア)
-, ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

バリから50分の秘境!スンバ島へ子連れ旅行

バリから50分の秘境!スンバ島【子連れ旅行】

10月19~21日に2泊3日でスンバ島に8歳&3歳の子どもたちと一緒に家族旅行へ行ってきました。 スポンサーリンク この記事の内容スンバ島の場所スンバ島ってどんな島?土着信仰・マラプイカット文化スンバ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Mari

2007年の結婚を機に、東南アジア生活、アジアンライフがスタート!
海外生活の事や大好きな旅行、趣味のWEBいじりの事など気ままに更新しています。

≫プロフィール続き

FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス)