ジェフリーバワ・晩年のお気に入り ライトハウスでランチ – アジアン ライフ

スリランカ

ジェフリーバワ・晩年のお気に入り ライトハウスでランチ

投稿日:2018/01/02

スリランカ子連れ旅行6日目。ゴールの旧市街散策後、スリランカを代表する建築家、ジェフリーバワの手がけたホテルでランチをとりました。

 

スポンサーリンク

スリランカの偉大な建築家、ジェフリーバワ

ジェフリーバワ(Geoffrey Bawa)は、スリランカ出身で、「世界のアマン」と名高いアマンリゾーツの代表、エイドリアン・ゼッカ氏が最も影響を受けたいう、伝説的な建築家です。

元々は弁護士だったジェフリーバワ。世界放浪の旅に出かけ、その旅の途中で建築に目覚めます。それから建築を学び始め、なんと38歳の時に建築家としてスタートしました。それからは84歳で亡くなるまでスリランカの国会議事堂や寺院、ホテルなどの建築を手がけ、たくさんの作品を残しています。

スリランカにも数多くジェフリーバワの手がけた作品が残っていて、ジェフリーバワのホテルを泊まって巡るツアーもあります。

【参考】
≫ジェフリーバワゆかりのホテルに滞在ツアー
≫スリランカ バワ ツアー

ジェットウィング ライトハウスでランチ

ゴールの旧市街から車で10分ほど移動したジェットウィング ライトハウス。ここはジェフリーバワが晩年に最も愛したホテルと言われています。こちらでランチを頂きました。

車を降りるといきなりインパクトのあるお出迎え。

螺旋階段の彫刻はポルトガル人が山の上のキャンディ王朝を攻め込んでいる様子を表しているそうです。

この螺旋階段を抜けると突然視界が広くなり、目の前にはインド洋が広がります。

ここから見る夕陽が晩年のバワのお気に入りだったそうです。

芝生の曲線が優雅です。

暑かったので室内で頂きましたが、外の席でインド洋を眺めながらも気持ちよかったかもしれません。ウェイターさんの制服も素敵です。ちょっかいをだす長女(1歳)にも優しく対応してくれました。
≫ジェットウィング ライトハウスの詳細

 

ランチの後は約3時間かけてニゴンボまで移動しました。

-スリランカ
-, , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ウェリガマの町歩き

ウェリガマの町歩き

自分たちの釣った美味しいマグロのお刺身を食べてから、FUJISAN RESTAURANTを出て西へトゥクトゥクで進むこと数分。賑やかな町に出ました。 Google Mapより スポンサーリンク この記 …

野生のスリランカヒョウを求めてウィルパットゥ国立公園へ

野生のスリランカヒョウを求めてウィルパットゥ国立公園へ

スリランカ子連れ旅行6日目はニゴンボから北へ約3時間、約150Kmを移動。 旅行の4つの目的の内のひとつ、野生の豹を探しに行くため、レオパード(スリランカヒョウ)がよく見られるというスリランカ北部のウ …

4,000円で泊まれるニゴンボのホテル

4,000円で泊まれるニゴンボのホテル

スリランカ旅行6日目。遅めのランチの後は約3時間かけ、ニゴンボへ移動です。翌日には更に北のウィルパトゥ国立公園へ行くので、中間地点になるニゴンボで1泊休憩です。   スポンサーリンク この記 …

スリランカで買った可愛い雑貨のお土産

スリランカで買った可愛い雑貨のお土産

スリランカには日常で使え、しかも可愛らしい雑貨がたくさんあります。旅行をしてお土産はあまり買わない方ですが、今回はたまらずいくつか買ったので紹介します。 スポンサーリンク この記事の内容1 BAREF …

ウィルパットゥ国立公園でアフタヌーンサファリ

ウィルパットゥ国立公園でアフタヌーンサファリ

野生のレオパード(スリランカヒョウ)を探しに、ウィルパットゥ国立公園のアフタヌーンサファリに出発です! やる気満々の6歳のフォトグラファー!重いのでこの体勢は10秒ともちませんでしたが。 スポンサーリ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Mari

2007年の結婚を機に、東南アジア生活、アジアンライフがスタート!
海外生活の事や大好きな旅行、趣味のWEBいじりの事など気ままに更新しています。

≫プロフィール続き

FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス)